たむら八彩カレーin 特許庁のパネル展示

Posted on Posted in たむら八彩カレー

発災から5年を迎えた3月11日(金)、特許庁(千代田区霞が関)1階のロビーでは、被災地での特許庁の活動に関するパネル展示が開始されました。

特許庁からは、平成23年5月から14名の職員が田村市に派遣されてきました。そんな特許庁の皆さんに懐かしい!?田村市の味をお届けしたいという思いから、昨年11月10日から13日にかけて、特許庁で「たむら八彩カレー」を販売したんですよ。

その模様が、パネル展示においても取り上げられています。お近くを通られた際には、特許庁にもお立ち寄りいただき、パネルをチェックしてみてくださいね

たむら八彩カレーが掲載されているパネル: 特許庁における被災自治体支援について(pdf)

 

特許庁ロビー
特許庁1階ロビーのパネル展示では、「たむら八彩カレー」も取り上げられています(平成28年3月11日撮影)

 

特許庁の第3食堂「あらた野」前にて記念撮影する箱崎代表とカブトン
特許庁の第3食堂「あらた野」前にて箱崎代表より前で記念撮影するカブトン(平成27年11月10日)
田村市での勤務経験がある3人がカブトンと旧交を温めました(平成27年11月10日)
田村市での勤務経験がある衣川裕史さん(中央左)は同僚の特許庁の職員の皆さんと一緒にカブトンと交流していただきました(平成27年11月10日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA