明日(11日)「北醇」首都圏デビューします

Posted on Posted in たむらご当地スイーツ「北醇」, プレスリリース

本日(3月10日)、田村市ご当地グルメプロジェクトは、プレスリリースいたしました

明日の11:30から13:30、リコージャパン本社(東京都港区)にて、たむらご当地スイーツ「北醇」を社員向けに販売いたします。

リコージャパンの社員のみなさんは、平成26年度と同27年度の2年間、田村市都路地区で継続的にボランティア活動に参画されてきました。ボランティア活動で協働してきたのが、当プロジェクトの副代長も務める加藤リツ子さんをはじめとする「愛都路(メトロ)の会」のみなさんだったことから、今回の販売が実現しました。

3月1日の発表会では、同社の但馬啓司・福島支社長から「震災から5年目の節目の今こそ、福島県が、そして田村市が元気になるために何かできないか考え、『北醇』の船出にささやかながら協力させていただくことになった。感想や意見を求め、次の商品づくりにも活かしていただきたい」との発言をいただきました。

明日の販売会では、リコージャパンのアドバイスを受けながら作成したアンケートもお願いして、今後の「北醇」の改良に反映していく予定です。

【プレスリリース】たむらご当地スイーツ『北醇(ほくじゅん)』首都圏にて初の試験販売(pdf)

「新しい東北」官民連携推進協議会プレスリリース(pdf)

左から箱崎代表、本多店主(山本屋)、安藤店主(おおぎや)、鈴木店主(あくつ屋)、但馬支社長
左からカブトン、箱崎代表、本多店主(山本屋)、安藤店主(おおぎや)、鈴木店主(あくつ屋)、但馬支社長、オリオンちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA